基礎から応用まで!美容師の為のヘアカラー本まとめ

基礎から応用まで!美容師の為のヘアカラー本まとめ

普通の本屋さんではまず手に入らない

専門店に行っても入荷状況はまちまち

Amazonで出てこない商品もあったりなかったり…

カラーの勉強好きな美容師なら全部欲しいところですよね(゚д゚)

という事で、今回は美容師向けヘアカラー関連の本をまとめてみました!

スポンサーリンク

プラチナムカラー

白髪を隠す時代は終わった! 待望の白髪染め技術専門書登場!! “生かす” “ぼかす” “彩る” “育てる”。 ネガティブな現象である白髪を、ポジティブな印象に変える知識とテクニックが満載! 充実の内容の本とDVD(動画)でグレイヘアの新しい価値観が学べます。

 

ヘアカラー㊙レシピ

高明度の白髪染めまで、3CUPですべて解決/失敗しない/使えるものだけ
日本一わかりやすいヘアカラーのテキストが誕生。
3CUPですべて解決する「レシピ」でどんなヘアカラーもしっかり染まります。
しかも、短時間のシンプルプロセス。
ヘアカラーで一番大事なのは、「レシピ」です! ! 

ヘアカラーの基本

 
ヘアカラーはプロとして精度を高めていくのは当たり前。デザインという視点で考えても、ワンメイク技術をおろそかにしては、進化しようがありません。デザインや技術はすべてにおいて、基本に始まり、基本に終わります。今回紹介しているカラーの理論は、ヘアカラーがスタンダートとなった時代の唯一の実践的ベーシックだと思っています。髪色への理解を深めるために、毛束を使った自己学習法やブリーチの活用法なども掲載しました。
 

成功するヘアカラー

 複雑になりすぎたヘアカラーを…整理しよう!! それが成功するヘアカラーの秘訣! ヘアカラーは、とても複雑……。さまざまなテクニックが次々と生み出され、薬剤もどんどん進化しています。 お客さまの要望も、ますます多様化していくことでしょう。 そんな複雑になりすぎたヘアカラーを、『MINX』の超人気スタイリスト・長崎英広さんがわかりやすく解説します! 目からウロコまちがいなし! サロンワークの特効薬、成功するヘアカラーのツボ、大公開です!!

続 成功するヘアカラー

時間とプロセスをコントロールして、ヘアカラーのレベルアップを目指そう! 続・成功するヘアカラーでサロンワークに自信がつきます! シリーズ第2弾の『成功するヘアカラー』で学んだことをベースに、よりサロンワークにフォーカスした内容でお届けします。 シングルカラーとホイルワークに的をしぼって、成功するヘアカラーの秘訣を身につけましょう。 サロンワークに自信が持てる実践的な内容が盛りだくさん! ヘアカラーの提案力&デザイン力アップに役立つ1冊です。 

新ヘアカラー入門

 
2002年に発刊された「ヘアカラー入門」(NPO法人 日本ヘアカラー協会/著)は、時代に合わせた改訂を行いつつ、テクニックから薬剤、色の知識まで総合的に学べる入門書として、絶大な支持を得てロングセラーを続けています(JHCA主催セミナーのテキストにも採用)。そして今回、さらに進化した技術メソッドを伝えるべく、内容を全面リニューアル! 「新ヘアカラー入門」として、テクニックの解説がさらに詳しく、丁寧になりました。この1冊で基本のワンメイクやリタッチから様々なホイルワークまで、ヘアカラーに必要な基礎知識と基礎テクニックをすべてマスターできます。美容学校生、初心者はもちろんのこと、よりヘアカラーをスキルアップさせたい美容師の方々にとって必携の1冊です!

瀧本流アンチエイジングカラー

新発想のグレイカラー本が登場!これまでのグレイカラーは「白髪をしっかり染めること」が第一優先でしたが、本書は「既染部に余分な残留色素を残さず、明るさを保つ」ことに着目したグレイカラー施術です。白髪を隠し、既染部に余分な色素を残さないカラープログラミングで、「くすみのない明るいブラウン」「透明感のあるベージュ」を実現し、アラフィー女性を若々しくオシャレに見せることが可能です。

西海ルールA+Bの手引

 ヘアカラーデザインが多彩になっても、サロンカラーの中心はミドルトーンのナチュラルブラウン。サロンカラーの進化を考えたとき、一番に見直さなくてはならないのは、シンプルだからこそ奥の深い、ごまかしのきかないワンメイクです。プロの仕事なら、そこにはしっかりしたコンセプトがあるべき。「なんとなくナチュラル」から「狙ったナチュラル」へ。本書では西海氏の「A+B」のブレンドレシピを徹底解説。サロンのボリュームゾーンに支持される明度の中心、8レベルを基準に考えるので、すぐに試して活用できる内容になっています
 

BASIC CHEMICAL

 サロンワークに必要なケミカル知識を、“見やすく・わかりやすい”カタチでつくりました。わかりすいカラーイラストをふんだんに使って、化学記号や化学式はできるだけ使わずに、でも、プロフェッショナルとして必要で大切な専門用語や知識はしっかり入っています。 

 Color works

 技術を学ぶのではなく、カラーをどう使いこなすか。年間120万人を超えるTAYAのデータ分析の結果から導き出されたサロンワークに有効なスタンダードシステムの提案です。現在のヘアカラーのテーマである「イメージとダメージ」を、14のケーススタディを中心に具体的に解説していきます。
 
 
 
超シンプル、超自然。モッズ・ヘアのデザインテーマです。もちろん、そのテーマを実現したナチュラルなヘアスタイルには「ワザ」が必要です。自然なヘアカラーのためのバレイヤージュを中心とした「ワザ」を集大成しました。

 Haircolor book

 
 
現在の日本のヘアカラー先駆者である山口波砂夫氏による「ヘアカラーブック」。黒髪をキャンバスに色を描く・・・をテーマに、基礎知識を網羅した理論編と、詳細な項目分けに基づいた技術編を展開します。
 

カラフル先生の色彩学の時間

★ヘアカラーに強くなる★
■色ってなに?
■色の仕組み
■色を混ぜるときの法則
■ヘアカラー剤を知ろう
■色の性質を使ってヘアカラーしよう
■色を組み合わせてみよう
■実践! 毛束で検証

色のモノサシ 

 
自分が思う赤とお客様の赤が同じとは限りません。それほど「色」とはあいまいなものでもあります。色の基礎知識を学ぶことはヘアカラーの施術における大きな道しるべをつくることでもあるのです。[B5判カラー204ページ]

BASICシリーズ リタッチとワンメイク

すぐに学べてずっと使える、1ブック×1テクニックの基礎講座 『BASIC OF BASIC』シリーズ。 第4弾ヘアカラー編! 本当に正しいヘアカラーを1から学ぶ ヘアカラー技術の最高の土台づくり! クオリティの高いサロンカラーのために、 必要な基礎技術を徹底的にカバーしています! ◆ヘアカラーに必要な基礎知識 ◆リタッチ(ファッションカラー) ◆バージン毛へのワンメイク ◆リタッチ(グレイカラー)

BASICシリーズ さまざまな塗布方法

 
 ◆リタッチ(ツータッチ) ◆既染部への対応 ◆酸性カラー ◆ブリーチ

BASICシリーズ ウィービング

 
 
 ◆ウイービングの基礎知識 ◆全頭ウイービング(ワンレングス) ◆さまざまなチップのとり方とその効果 ◆全頭ウイービング(レイヤー)

BASICシリーズ さまざまなエリアワーク

 
◆スライシング ◆バレイヤージュ ◆スマジング、バックコーム、フィンガーペインティング ◆複数の技法を組み合わせる

スポンサーリンク

本、DVD、映画etc…カテゴリの最新記事