飲み会に行きたくない時の『上手な断り方』と『下手な断り方』

飲み会に行きたくない時の『上手な断り方』と『下手な断り方』

忘年会、新年会、歓迎会、送別会…

一般的な会社員に比べると美容師は飲み会が少ないかもしれませんが、

それでもお店によっては、頻繁にあることもありますよね。

 

私は「飲み会が嫌い!」

というわけではなかったのですが

「今日行きたくないなー。そんなことよりもっとやらなきゃいけないことが…」

と思う日も多かったというのも事実です。

 

そんな時に上手な断り方を知っておけばよかったー!と思ったので、

今回は飲み会に行きたくない時の「上手な断り方」「下手な断り方」について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

上手な断り方

まず、基本的な断り方としてのポイントは3つ

1、行きたいと言う意思を示す

2、行けない理由を伝える

3、また誘ってと伝える

 

この基本がきちんとできていれば、きっと相手も嫌な気持ちにならずにすむでしょう。

それらをふまえたうえでの、上手な断り方の具体例を紹介していきます。

 

「宅急便で生物が届くので、家にいないといけないんです」

ポイントは「ナマモノ」だから今日受け取らなければまずいという事を伝えることです。

それを言っても無理やり誘おうとしてくるめんどうな人は、、

私ならもう付き合いを辞めます(笑)

 

「鍵をかけ忘れたのを思い出したので、急いで帰りたいんです」

これ考えた人うまいなー!私も使おう!と思いましたw

ポイントは、仕事中も気になって仕方がなかったと伝えることです。

 

「学生時代の友達と○年ぶりに会うんです」

これもなかなか上手ですよね。

ポイントは「ずっとこの日を楽しみにしていた」感を出すことです。

 

「今、家族が大変なので…」

「え、どうしたの大丈夫?」と心配されるかもしれませんので

「ちょっと風邪で寝込んでいて…」とか、大げさすぎない理由も用意しておきましょう。

 

「○○にむけて勉強しなきゃいけなくて…しばらく夜は出歩くの控えようと思っているんです!合格したら是非一緒に飲みに行ってください!」

「いやいや先輩と飲みに行くことも勉強だよ」と言われるかもしれませんがw

合格したら必ず!ということを強調してみましょう。

 

「痔で長時間座る事ができないです…」

これは親しい間柄じゃないと、微妙に恥ずかしいですが^^;

「じゃあ立ち飲みいこ!」と言われる前に、その場を去るのがポイント。

 

「ちょっとお酒で失敗しちゃって…自粛中なんです」

ポイントは「あなたとだと、つい楽しくて飲み過ぎてしまう」と言うことを伝えること。

そうすれば相手の気分を損ねることもないでしょう。

余裕がアレばエピソードも考えておきましょう。

 

「医者に止められているので」

第三者の力を借りるのが一番有効な手段で、しかもそれが社会的地位のあるお医者さんであればなおさら。

ポイントは重大な病気ではなく、ちょっと数値が高かったという事を伝えて心配させすぎないことです。

 

スポンサーリンク

下手な断り方

下手な断り方…いますよね^^;

 

これはもう誘われないだろう…という断り方も、紹介していきます。

 

「忙しいので」

忙しいという言葉…個人的にめっちゃきらいなのです。

だって…忙しいのはみんな同じですから^^;

 

もし忙しいと言うのならば、「何が」忙しくて時間に余裕が無いからという事を伝える事が大切です。

あなたにとって忙しくても、受け取る方にはその状況が忙しいとはいえないこともよくあること。

このように、断る理由となる自分の状態が「受け取る側にとって感じ方が分かれる状態」(例:忙しい、辛い、しんどい、など)といった表現は避けるべき言い訳です。

 

 

 

「(当日)行けたら行きます」

これよく聞きますが、90%くらいは行かない回答だと思っています。

その場を逃げるためだけの口実はNG。

ただ、本当にどうなるかわからないのであれば状況も説明して行けたら行くと伝えましょう。

 

 

即座に断る

ある意味気持ちいいかもしれませんが…^^;

傷つく人もいるでしょう。

ただし、きちんと理由を伝えてから即座に断るというのであれば勿論OK.

 

断りたいけど理由が見つからない時は、「予定を確認」すること。

または確認するフリをすること。

ギリギリまで返事をしないのは迷惑ですが、一度ワンクッション置いて断るのは全然OKだと思います。

まとめ

飲みに行きたくない時の上手な断り方は

「行きたいと言う意思を示し、行けない理由を伝え、また誘ってと伝える」こと。

下手な断り方は

「忙しいので」「行けたら行く」「理由も言わず即座に断る」

という事。

 

参考にしてみてください^^

 

スポンサーリンク

イベントカテゴリの最新記事