美容師×ネット×リアル

0から美容師さんのWEB集客をお手伝い

気軽に相談してみる

美容師の『年収』『月収』を上げるための4つの方法

お金

安月給と言われる美容師のお仕事ですが、本当にそうでしょうか?

中には沢山お金を稼いでいる人もいるということは、稼ごうと思えばいくらでも稼げるのが美容師の仕事だと、私は確信しています。

 

「とはいっても、どうやって稼げば良いんだ…」

という人も多いので今回は、具体的な方法について書いていきます。

1、単価を上げる

一番効率もよく、全循環が生まれる方法は単価アップです。

「安かろう悪かろう」では、負の無限ループ。

1000円カットの先駆け、QBハウスですら2018年には値上げを余儀なくされました。

単価を上げることで、美容師自体の価値も高まります。

 

「雇われている身で、勝手に料金変えられない…」という人は、

・上司に価格アップの提案をする

・思い切って転職する

という方法もあります。

 

どうしても難しい場合は、ヘッドスパや、眉カットなど+アルファのメニューを提案することで、客単価のアップを考えてみましょう。

2,数をこなす

あまりオススメはしていませんが、一番単純な方法は

ひたすら数をこなすことです。

 

既存のお客様に迷惑をかけず、サービスの質を落とさない事を前提であれば、一度自分の限界までチャレンジしてみるのも若いうちはありかも?

とはいえ無理は禁物です…。

3,モノをうる

物をうるというと、スタイリング剤などの店販商品を想像しますが、

必ずしもそうである必要はありません。

 

あなたのことを指名してくださっているお客様は、あなたを信頼している証。

オススメした商品は買ってくれる可能性が高いです。

お洋服や雑貨をお店の一部に置いて売ったり

ハンドメイドアクセや、自作の絵など

美容師×なにかで売上をあげることが十分可能なのです。

4、副業

美容師として技術が中途半端な状態での副業や、お店が副業禁止の場合はおすすめできませんが、

働き方を一つに絞る時代ではなくなってきています。

 

美容師兼バーテンダー、美容試兼介護士、美容試兼ユーチューバーなどなど…

実際にそういった働き方を選択している人は存在するので、全然ありです。

 

「美容業界」という狭い世界だけに目を向けずに、視野を広くすることも大切なことです。

まとめ

美容師の年収、月収をあげる方法は

1、単価を上げる

2,数をこなす

3、モノをうる

4,副業をする

 

冒頭でも書いたように、美容師の働きかたは無限大です。

「美容師は稼げない」なんてただの思いこみ。自分次第でどうにでもなります。

お金がすべてではありませんが、お金がなければ高いシザーをはじめとする、自己投資資金も躊躇してしまいがちです。

きちんとお金のことも考えていける美容師計画、考えていきたいですね。

 

コメント