美容師×ネット×リアル

0から美容師さんのWEB集客をお手伝い

気軽に相談してみる

ドラマ『3年A組』美容師に響く名言まとめてみた

人間関係

私は滅多にドラマを見ません。

なぜならハマりすぎてしまういう単純な理由(笑)

 

そんな私が、人に薦められたこともあり珍しく見てみようと思ったドラマ

今巷で話題の「3年A組」です。

 

学園モノは金八先生とGTOしかみたことないけど…見てみようかなと思ってもう8話目まで見てしまいました。

 

内容は好き嫌いあると思いますが…それよりなにより菅田将暉さん演じる先生のセリフが

美容師さんにとっても響くこともあるなーと感じたので勝手にまとめてみました。

お前たち、今を生きているか

とてもシンプルなセリフですが、大事な言葉。

過去の事を悔み前に進めず、まだ起こりもしない未来の事を無性に心配して悲観したり。

そんな暇があったら「今」この瞬間を1秒1秒大切に、そして丁寧に生きる

それを積み重ねることだけが、未来を良くすることです。

逆境を乗り越えようとしたか?

逆境を乗り越えようとしたか?

傷ついた悲しみを明日の活力に変えられなかった。それが、お前の弱さだ。

好きな相手ににフラれた逆恨みで、悪いことをしてしまった生徒に放った言葉。

 

悔しいから嫌がらせをするような美容師さんは殆どいないでしょうが…^^;

悔しいから妬み嫌味を言ってしまう人はよくいます。

同じお店に勤めている人でも、TVに出る芸能人でもそうです。妬み嫌味言っていませんか?

 

逆境を乗り越える…とまではいかなくても私の親戚が近い感覚でした(笑)

自分の容姿に自身がないという事を理由に

「芸能人がキレイなのはどうせお金かけて整形してるから」という口癖。

皆が皆そうではないし、見えないところで努力しているからこそ綺麗な人は綺麗なんですよね。

 

悔しい気持ちをどう明日の活力に変換できるのか

それこそが自分の人生を変えるポイントだよな…とドラマのセリフを通じて思いました。

明日と戦え!抗え!もがいて掴め!

前が抱いた悩みや苦しみを、誰かにぶつけたか?

仲間にクラスメイトに教師に、誰か助けてくれって!お前はすがったか?

必死にすがってもダメなときもある。どうにもならないことだって山ほどある。でもお前には少なくともそのチャンスはあったんじゃないか?

明日と戦え!抗え!もがいて掴め!生きてるお前にはそれができるんだよ

お前は一人じゃない

変わるなら今だ お前のその手で道を切り開け

迷惑をかけまいと周りに助けを求めずに夢を諦めてしまうという事は、大人だって多いはず。

しかし「明日と戦い、抗い、もがいて掴む」。

そして苦しいことがあれば「助けてほしい」と声を上げること

そんなメッセージが響きました。

恥もかかないで強くなれると思うな

みんなお前と一緒だよ。

迷って、もがいて、途方にくれて、それでも正解を求めて前を向く。

進んで進んでダメなら、傷つきながら引き返す。

で、また歯を食いしばって、前を向く。みんなみっともないんだよ。

でも、それで良い。それが良い

恥を繰り返して強くなるんだよ。ていうか、恥もかかないで強くなれると思うな

間違ったことをし、嘘に嘘を塗り重ねる生徒に言い放ったセリフ。

 

美容師であればお客様からのクレームが身近な事例ではないでしょうか。

申し訳ないだけではなく、恥ずかしんです…クレームって。

しかしそのクレームがあるからこそ、二度と同じ事は繰り返すまいと練習を積み重ねる。

美容師はお客様から育てていただいているんですよね。

恥をかくという事は、自分のステップアップの為に必要な事です。

まとめ

ドラマ3年A組は、菅田将暉さん演じる熱い教師の演技、そしてセリフがぐっと心に作品です。

現代ならではの様々な問題がとても興味深い作品です。

 

ドラマを見てただただ時間を消耗するのではなく、

ドラマを見ることで自分に何か活かせることはないか、自分の大切な時間を費やした元を取る気持ちで見ていくことをオススメします。

 

ちなみに、私は何話もまとめてHulu という動画アプリで見ました。お風呂や寝る前にいつでもどこでも便利で見やすいのでおすすめです。

コメント