美容師×ネット×リアル

0から美容師さんのWEB集客をお手伝い

気軽に相談してみる

お店を辞めたいけど辞められない…迷える美容師さんへ

人間関係

「今のお店を辞めて新しい環境で働きたい…」

「辞めたいけどお世話になってるから申し訳ない…」

「人手不足だから自分が辞めると迷惑がかかる…」

 

そう思って毎日モヤモヤしながらも結局同じことの繰り返し

という美容師さんは少なくないのではないでしょうか。

(何を隠そう昔の私がそうでした^^;)

 

最近は、まだまだ体育会系のサロンもあればありえないほど待遇の良いサロン

明確に分かれてきています。

 

という事で今回は

お店をやめたいけど辞められない美容師さんに向けて書いていきたいと思います。

1,あなたがいなくても店は回る

まず「お世話になったから」とか「人手不足で迷惑がかかるから」

という理由でお店を辞めたいのに辞められない美容師さんに言いたいのは、

あなたがいなくても店は回るということ。

 

「でも、毎日休憩できない程忙しくて…自分が辞めたらもっと大変…」

と、優しくて真面目な人程そう思います。

 

しかしよく考えてください。

人手不足なのは、経営者の問題であって、

あなたの大切な人生の時間を削ってまで悩むものではありません。

 

一度しかない人生の大切な時間を、辞めたいと思っているお店に捧げますか?

自分にとって大切なことはなんなのか。

一度落ち着いて考えれば見えてくるものがあるはずです。

 

今の店には自分にしかできない仕事がある!自分が店を支えている!

なんて思ってはいけません。それは幻想です。

2,担当のお客様はどうにかなる

フリーのお客様、指名のお客様それぞれいると思いますが、

あなたのことを指名してくださるお客様に

迷惑がかかる事を気にして辞められない人も多いです。

 

が、例え長年のお客様であろうと、ちょっとした引き継ぎなどがあれば、

結局なんとかなってしまうのです。

数ヶ月後には別の誰かがあなたの担当しているお客様をやっていることでしょう。

 

「あなたじゃなきゃ絶対だめ!」というお客様は、多少遠くてもついてきてくれるものです。

 

私の知り合いの美容師さんのお客様は、

80代で那須(栃木の北部)から渋谷のセンター街のお店まで毎月カットに来ていたそうです。素敵すぎる。

3,今のお店にいる目指す何かはあるのか

今のお店にいることでしか学べない事、憧れの人がいれば仕事を頑張る糧にもなり

学ぶべきこともきっと沢山あるでしょう。

 

しかしせっかく今の苦しい状況を乗り越えたとしても、

今のお店にいて目指すべき目標や、目指すべき人がいなければ意味がないからです。

 

そう考えると、いつまでも続けたいとは思えない仕事のために

今が苦しいなら答えは出ているはずです。

4,逃げることは悪いことではない

多いのが、「店を辞めることは逃げること=悪い事」だという考えです。

私は、向いてない場所から逃げることは決して悪いことではないと思います。

なぜなら、明らかに向いてない場所でずっと無理して努力することほど辛いことはないからです。

 

人には必ず向き不向きがあります。

今の店でうまく言っていないのは、その仕事や環境が自分に合ってないだけ。

他に得意なことや自分が輝ける場所が誰にでもきっとあるはずです。

 

大事なのは、自分の得意や長所を活かせる環境に身を置くこと。

だから、自分の苦手なことを無理に克服しようとするより、

自分に合った環境を見つけた方が何倍も速く理想の働き方や結果に近づけるはずです。

 

私の知り合いで美容師アシスタント6年目で諦めてしまった人がいたのですが、

アイラッシュ系の仕事に転職。

その後1年も経たないうちにサロンの責任者まで上り詰め、毎日活き活き働いています。

5,辞めてみないと解決しない

お店を辞めるまでは勇気がいります。実際私もかなり勇気がいりました。

しかし

「辞めたらどうなるんだろう?」という悩みの答えは辞めてみないと一生分からないです

 

例えるなら「バスケ部って楽しいのかな?今入ってるテニス部より私に向いてるかな?」

ということを、バスケを一回もやらずに一生悩んでいるようなもの。

そんなの、バスケをやってみない限り自分に向いてるかどうかなんて分からないですよね。

 

辞めてみるとわかることですがきっと

「なんであんなに悩んでいたんだろう…」と思える日が来るはずです。

6、違ったら戻れば良い

お店を辞められない理由で

「一度辞めてしまったらもう今と同じ状態(収入や待遇)には戻れないかもしれない」

という不安がある人も多いでしょう。

 

でも、働き方や仕事の方法が山ほどある今の時代、

たった1つのお店で働くことだけが自分にとっての唯一の正解であるわけがありません。

 

辞めてみて、例え色々やってうまくいかなかったら

バイトや派遣をやっても良いし、美容師免許があれば美容師以外の働き方だっていくらでもあります。

 

違ったらまた戻ったり、違う方法を試してみれば良いのです。

でも試してみないことには違うかどうかも分かりません

まとめ

1,あなたがいなくても店は回る

2,担当のお客様はどうにかなる

3,今のお店に目指す何かがあるのか

4,逃げることは悪いことではない

5、辞めてみないと解決しない

6、違ったらまたもどればいい

 

私も辞めたくても辞められない時期があり、過去に本当に悩んできました。

ですが結果的に勇気を出して辞めてよかったです。

 

もちろん辞める事だけが正解ではありませんが、

「今のままで自分が目指すべき未来に行けるのだろうか?」

という事を一度きちんと考えていきたいですね。

 

人生はあっという間です。自分らしい後悔しない生き方を探っていきませんか?

コメント