ルベルのコンテスト『デザインアワードID』とは?応募資格や入賞特典について

ルベルのコンテスト『デザインアワードID』とは?応募資格や入賞特典について

 

「美容師のコンテストって…なんだかいまいちよくわからない…」

「サロンワークが忙しくてそんな暇ないし…」

と思う美容師さんも多いのではないでしょうか。

仮にサロンワークで使う技術ではないにせよ、コンテストに出場する事は、色んな意味で沢山学べることがありますよね。

優勝したら知名度も一気に上がり、今後のお仕事にも影響してきます。

今回は、そんな美容師コンテストの一つでもある「ルベルデザインアワード」について書いていこうと思います。

イベント概要

出典:http://www.lebel.co.jp/event/id2018/

ルベル開催の美容師のコンテストです。

1980年にスタートした大会で、2017年に「I.D.」というタイトルに新たに生まれ変わりスタート。

全国9拠点と、海外1拠点(2018年)のエリアから選出されたファイナリストが集結し、戦いを繰り広げています。

公式サイトはこちら

2017年の様子はこちら

応募資格

気になる応募資格はこちら

ルベル製品使用サロンのスタッフ及びオーナー/理美容経験年数フリー

 

 

参加費

8,000円(税抜価格)

WEB申込みで5%オフらしいです

審査員

(2018年の)審査員は有名美容師さんと有名デザイナーさんの計14名。

美容師だけの視点ではないという所が面白いですね。

出典:http://www.lebel.co.jp/event/id2018/

入賞者は

フォトシューティング&一般紙掲載

海外研修ツアー招待

という事で、気になる掲載雑誌は記載されていませんでしたが…あの「GINZA」という噂もちらほら。

出典:http://www.lebel.co.jp/event/id2017/

海外ってどこやねんと気になるところですが、書いていない。

2015年はパリだったっぽいのでパリかな?

インドとかだったら微妙だなw

口コミ

沢山の美容師さんがコンテストについてブログを書いてらっしゃいました。

一部紹介させていただきます。

ルベルID コンテスト 美容師まこのブログ

ルベルコンテスト ハレケ ルーピディア

ルベルiDコンテスト 佐賀市の美容室 WISE-Be.

ルベルI.Dコンテスト Arwitt Attic

ルベルデザインアワード♫美容室 Halfmoon

まとめ

ルベルデザインアワードは、1980年にスタートした歴史あるコンテスト。

2017年から「I,D.」という名前に生まれ変わった。

応募資格はルベル製品使用サロンのスタッフ及びオーナー。参加費8000円。

審査員は有名美容師と有名デザイナー。

優勝者には雑誌掲載や、海外研修などの特典あり。

 

これから美容師として頑張っていく若手だけではなく、

日々のサロンワークがマンネリ化している人ほど、挑戦して新たな実力を試してみたいですね^^

 

イベントカテゴリの最新記事