美容師のヘルニアや腰痛は労災認定される?条件や実例について

美容師のヘルニアや腰痛は労災認定される?条件や実例について

バックシャンプーの普及により、昔ほど腰痛に悩む美容師さんは減った気がしますが、それでも多い美容師の職業病腰痛。

全く痛みがない人もいれば、日常生活にも支障が出るほど悪化している人も多いですよね。

病院に通えば治療費以外にも湿布代や交通費など…
長期的に考えると結構な金額になり、ただでさえお給料の低い美容師さんであればかなりの出費。

そんな腰痛のために発生する費用は「労災で認定される?!」という噂を聞きつけたので、

調べてみました。

労災認定される?

結論からいうと、可能性は0ではないが、認定の可能性は低い。

という事です。
理由としては、仕事以外でも腰痛に悩む人が多すぎるので、いちいち認定していたら大変なお金と作業量だからだと思います。

要は趣味で腰を痛めたのに、仕事が原因で痛めたという申請を出す人が出てくるからという事です。

認定条件は?

 まず、美容師であれば、働いているお店が労災保険に入っている事が第一条件ではあります。詳細はこちら

フリーランスの場合は、自分で加入する必要があるので…こちらの記事など参照に。

 

労災保険加入条件を満たした上で、認定されるかどうかの条件をみていきましょう。

 

腰痛の認定要件は「災害性の原因による腰痛」と「災害性の原因によらない腰痛」の2種類。

美容師の腰痛に関しては“突発的な出来事が原因ではないので、「災害性の原因によらない腰痛」に含まれます。

出典:http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/dl/111222-1.pdf

それを証明する為には、明らかに仕事が原因で腰痛を引き起こしたという証明が必要で、その証明がかなり大変なので、腰痛はなかなか労災と認められにくいのが現状です。

リアルな現状は…

美容師以外でも腰痛で労災認定を望む声はかなり多いです。

現状について非常にリアルな声がこちら。

実際に労災認定されているの?

可能性は0ではないのであれば、申請だけでも出してみたいところですよね。

残念ながら美容師さんの声は見つかりませんでしたが、他業種の方で実際に認定された(される)ケースはあるようなので、見ていきましょう。

 

介護労災で1700万円損賠提訴 前橋の障害者施設 元職員「腰痛で後遺障害」

 

こちらは厚生労働省で「認められますよー」と書かれていたものなので、似たような事例であればOKでしょう。

出典:http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/dl/111222-1.pdf

 

以下記事は腰ではなく腕の痛みで労災が認められた珍しいケース

東京ディズニーランドで労災認定 着ぐるみで腕に激痛

まとめ

美容師のヘルニアや腰痛は労災が認められる可能性は0ではないが、ハードルが高い。

まず労災保険に加入していない美容室も多いので、要確認。

フリーランスの場合は自分で何かしら加入する必要がある。

実際に仕事が原因での腰痛ということをキチンと証明できれば可能。

実態としては、殆どの人が泣き寝入りしているが、中には認定されたケースもある。

 

なんでもそうですが、証明出来るか否かが全てという事ですね…。

 

手荒れについても労災認定される可能性があるという噂もあるので、よろしければ合わせてご覧ください。

美容師の手荒れは労災認定されるって本当?条件や実例について

手続きカテゴリの最新記事