apish坂巻哲也さんの「様々なしくじりから学ぶ成功法!」を聞いてきた

  • 2017.12.07
apish坂巻哲也さんの「様々なしくじりから学ぶ成功法!」を聞いてきた

apishの坂巻哲也さんといえば、90年台カリスマ美容師ブーム時代

ビューティコロシアムをはじめ週3本ものテレビ出演をされていた方すんごい方(雑な説明ですみませんw)

 

最近めっきりテレビに出ていないなぁと思っていましたが、

私が毎年楽しみにしている美容の見本市「ビューティーワールドジャパン2017」にて

坂巻さんの「さまざまな失敗から学ぶ成功法」というトークイベントが!

 

今年は張り切って一番前でしっかり聞いてきて

とっても素晴らしい内容でしたので、シェアしていこうと思います。

きっとこれを読むだけでも、これからの美容師人生が変わる事がある人もいると思います。

スポンサーリンク

 
 

「45人」

これが何の数字かわかりますか?
 
 
実は…
 
 
「坂巻さんが1日にカットしていた人数」
なんだそうです。
 
意味不明な人数ですよねΣ(゚Д゚)
 
 
1人5分くらいで、カットしたら全部アシスタントに任せる
 
というやり方だったようなのですが
 
当然こんなお仕事をしていれば、美容業界で長続き出来るわけありません。
 
実際に、大手の有名美容室が閉店したり、縮小していっているのは、お解りの通りです。
 
 
そんなありえない人数をこなしながらも、テレビ出演や、ヘアショー、海外でのお仕事
 
などをかけもっていると、当然サロンワークはおざなりになりますよね、、。
 
そこで何がおきたかというと
 
美容師の一番の問題とも言われている
・スタッフが辞める
・成長がおきなくなった
ということだったのです。
 
そして、黒字から大赤字になり、実は億単位の赤字がapishにはあったといいます。
普通はそれだけ上手く行かなければ、お店をたたんだりしますが、
それでも今のapishというお店が超人気店というのは、
本当に凄いところですよね^^
 
 
毎月数千万の借金をする中で、坂巻さんは自分が犯している事に気がつきました。
それは
 
「人を育てていなかった」
という事でした。
 
 
カリスマ美容師ブームと呼ばれていた時代、
美容師に最初になった時の平均年齢は26〜27歳
お客様の平均年齢36〜37歳
だったのに対し、
 
 
現在の
美容師の平均年齢は27〜28歳
お客様の平均年齢は48〜50歳
 
つまり…美容師とお客様との年齢の差が開いている
という事は、それだけの年齢層のお客様にも対応出来る美容師を育てなければ
上手く行くわけがない。
ということだったのです。
 

問題です

ここで、坂巻さんから急に問題が出されました。

某私立小学校の入学試験で、

この点をひとつもらさず4つの直線を使って繋ぐことができるか
という問題で、1本の直線を折り曲げたりしないで、一筆書きでどうやるのかという問題でした。
※ぜひやってみて下さい
 
 
 
 
わかりましたか?
 
正解は…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こういう事でした!
(因みに私はできませんでしたw)
 
普通に考えると、はみ出てもいいという発想がなかなか出てきませんよね。
しかし、坂巻さんは
はみ出た部分が大事!として
 頭を柔らかくして、はみ出た部分を作るためのレクチャーとして、
apishでは「夢確認書」というものを作成しているのだそうです。

夢確認書とは

apishで行っているという夢確認書とは

先程の問題ではみ出た部分の想像力を育てていくという取り組みで、

5年後、1年後、今月、今日の目標と
長期、中期、短期と、具体的に自分の目標を掲げる
そして、PDCAサイクルをきちんと回していくというものでした。
 
 
 
夢会議というものも企画して、
坂巻さんのご自宅で奥様のディナーを食べながら自宅会議をされるようです!
お酒も交えながらとっても楽しいんだとか^^
素敵な試みですね。
 
会議内容としては、
・3年前の自分に当て今の自分に手紙を書く
・3年後の自分から今の自分に手紙を書く
 
などという事をしていて、ビジョンをしっかりと言葉にするという事を大切にされているようです。
 
 
いくら目標をかかげていても、チェックしない人が多いのですが、
月ごとや半年ごとにチェックを必ずするという事を大切にしていて
毎日確認するようにすることを徹底しているといいます。
 

大きな失敗

坂巻さんは、大きな失敗をして、お店が潰れそうになったのですが、
「大きな失敗は大きな成功が待っている」
そう思い、小池百合子さんの都民ファーストの政治塾に入り
3つの極意を勉強し、実践した事で、成功に近づいっていったと言います。
 
 
 
その極意とは…
3つの目で裏を表に変えていけばいい
というものでした。
 
まず1つめは、鳥の目で高いところから見下ろして客観的に見る
という事で
・起業家の目(キャンペー等)
・マネジメントの目(数字を見る)
・職人の目(スキルを上げる)
で見るということ。
 
 
2つめは虫の目で小さいことをきちんと見る
という事で、
ABCを大切にする
Aあたりまえのことを
Bばかにしないで
Cちゃんとやる
 
として、挨拶、お掃除、親孝行、数字のチェックなど
虫の目のようにきちんとやっていくという事。
 
 
そして3つめは魚の眼でこっちにいくと餌があるぞと見る
つまり、流れを見ること。
 
今美容業界は多極化しています。
カット専門店
カラー専門店
ヘッドスパ専門店
シャンプー専門店など…
かなり細分化しています。
 
色々な局面が出てきているが
 
その流れを読んで
自分はどこで行くか
私のお客は何を望んでいるのかをピンポイントで考える
それこそが魚の目の大切なことだといいます。
 
 

スポンサーリンク

ガラガラくじの法則

坂巻さんが大切にしている考え方で、

「ガラガラくじの法則」というものがあるという事を教えて下さいました。

 

一言で言うと、

失敗していけば成功する確率がどんどん上がるだけだよね

ってことです。

 

青いはずれ玉が9個
金のあたり玉が1個入っていれば、
外れる度に確率は上がっていくという事を例にご説明してくださいました。

 

ここでは3割バッターと言われているイチロー選手を例に出して
例えば、1打目に打つことが出来なかったときに
「また三振したらどうしよう」
と思うのではなく
「ラッキー!最初に三振したから、次は50%打てるじゃん」
という考え方をしているから成功する
そういう考え方を大切にすると説明されました。
 

顧客心理

ここで坂巻さんは、お客様の年代別の顧客心理について教えてくださいました。

 

「今日はどうしますか?」と美容師が聞いたときに

若い子=なりたいと言って写真をもってくる
40代=悩みが先にあって「なりたい」があと
50代=どんな悩みをどう解決してあげるか
 
というのが基本的にデータとしてあるようです。
 
40代の女性は基本的に白髪が出始めてきて
不安で仕方がない、そしてデリケートがゆえに
40代の心を掴んだら、生涯顧客にすることが出来る
と言われています。
 
そんな40代の心をつかむために坂巻さんが実践したこと
それは「便利で仕方ない理論」でした。
 
どういうものかというと
apish独自のアプリを開発し、来店サイクルが伸びないように
ちょっとしたメンテナンスメニューをアプリで紹介するようにしたらのです。
 
具体的には、毛量調節だけとか、刈り上げ部分だけとか、前髪だけとかで
料金を抑えることで、とにかく来店していただくことに徹底したそうです。
 
すると、劇的に売上が上がったそうなのです。

褒めるということ

坂巻さんがサロンで実践している事の1つに
「ほめ育」というものがあります。
 
 
 
ビンゴカードのように褒める項目を決めた表を作り
実践できたら印をしていって
「30日以内にすべて埋めると自分も周りも幸せになる」
ということをしているといいます。
 
実際坂巻さん自信も
「カット上手になったなー」
「オシャレだねセンスがあるねー」
「パーマセミナー感動したよ」
など日頃から褒める練習をしているといいます。
褒められて嫌な気分になる人なんていませんよね^^
素晴らしい教育法だと感じました。
 
 
 
このようなことを コツコツやり
大赤字だったアピッシュは右肩上がりでV字回復もしたのですが、
坂巻さんの夢はお店を大きくする事ではなく
スタッフの終身雇用を目指す
ことだとおっしゃっていました。
 
そのために毎朝5時に起きて本を読み
学んだことを
スタッフ向けにLINEを書いて共有しているそうです。
 
 
こんな素敵なリーダーのもとであれば、誰しもが働きたいと思いますね^^
 
 
 

坂巻さんから美容師さんへ

最後に、坂巻さんが素敵なメッセージを届けて下さいました。

 

心も商品である
なぜなら人は好き嫌いの判断で多くのことを決定するからです。
 
よい商品がどんなに安くても、嫌いな人からは買わないのです。
好きな人、気に入った人から買いたいのです。
 
常に心配り心遣いに神経を集中しよう。
 
暖かさ優しさ豊かさが嬉しいと言う気持ちになり購買の同期になるのです。
 
商品を売るより自分を売れ。
 
役に立ちたい喜んで頂こうの誠意が、お客様の心を惹きつけるのです。
  

 まとめ

うまく文章がまとまりきれていないかもしれませんが…^^;
坂巻さんの失敗から、学ばせて頂けることがあるということ
そしてそれを共有してくださる事で、美容業界がもっと素晴らしい世界になることは
間違いありませんね。^^

スポンサーリンク

 
 
 
 
 
 
 

カテゴリの最新記事