イゴラロイヤルペンタとは?使い方やチャート、pyrについて

      2018/01/31

カラー剤まだまだ使ったことがない商品が沢山あるな〜と日々カラー剤などを調べていますが、今回は「イゴラロイヤルのペンタ」が気になって調べてみました。名前が『ぽん太』みたいで可愛いから。

イゴラ自体は使った事があるけど、ペンタちゃんは知らないな〜という事で今回はイゴラロイヤルペンタについて書いていこうと思います。

イゴラロイヤルペンタとは?

出典:http://online.schwarzkopf-professional.jp/product/penta/01/

新領域の色と常識を覆す 彩度・艶を実現させた革新的なカラーシステム」をテーマにシュワルツコフから2011年9月に発売された商品。

 

特徴としては暖色系がめっちゃ綺麗に発色して色落ちしにくいよということらしいです。

 

その理由として①ピラゾール処方②ピラシャイン効果③デュアルオプティマ処方というものが関係しているようですが小難しいので詳細はこちらから御覧ください。

 

PYRってなに?

ペンタについて調べてみるとやたら「PYR処方!」「PYRだから凄い!」的な事を見かけ、「PYRカラーはじめたよ!」的な記事も見かけましたが…私は初めて耳にする成分で何のことやらサッパリわかりませんでした。

ます何の略なのかというとPyrazole(ピラゾール)の略で、頭文字を取っているだけのようです。

そしてピラゾールってなんじゃ…と思い調べてみると、詳しくはこちらに書かれ得ていますが頭痛がしてきます。

公式サイトでは「独自の構造を持った、革新的な染料」…と紹介されていました。笑

 

要は、高彩度の暖色系が凄く入る染料ということでしょう。

 

 

 

使い方

なんか使い方違うのかなー?と調べてみると…

出典:http://www.schwarzkopf-professional.jp/content/dam/skp/jp/jp/jp-local-imagery/Product/Color/Igora-Royal/Igora-Royal-Penta/prosessgaid.pdf

 

普通のカラー剤と特に違いはないようでした。

 

カラーチャート

気になるチャートはこちら。

出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/plusn/toku/toku21_colorchart/cc-penta.html

 

2剤

オキシは6%、3%

1.5%もあるようです

レビュー

ペンタおさらいします

ペンタ 実践

最強の暖色系 シュワルツコフ イゴラ pyr ペンタ の使い方、コツ まとめてみた。

シュワルツコフ イゴラロイヤルペンタ ピンク検証

このカラー剤やっぱ凄いかも・・・

カラー剤「イゴラ ロイヤルペンタ」について

持ちのいい暖色系カラー

イゴラペンタでコーラルピンクに

まとめ

イゴラロイヤルペンタはシュワルツコフより2011年に発売された商品。

暖色系の発色が綺麗で長持ちすることで根強い人気。

PYRという画期的な染料によって開発された事で話題になった。

 

寒色系が流行の時代ではありますが、暖色系好きなお客様には是非試してみたい商品ですね^^

 - 道具