シスチン結合とは?「SS結合」や「ジスルフィド結合」との違いって…

シスチン結合とは?「SS結合」や「ジスルフィド結合」との違いって…

美容師なら知っておかなければまずいシスチン結合。

なんとなくはわかっているけど…あくまでも「なんとなく」という人が多いのではないでしょうか。(私です)

美容師国家試験でよーく勉強したのですが、忘れている人もいるのではないかと思うので、今回はシスチン結合についてと、「SS結合」や「ジスルフィド結合」との違いについてまとめてみました。

シスチン結合とは?

簡単に言うと…

パーマをかけるときに一旦切断(還元)する毛髪内部の結合の名称

ですね。

ちょっと難しく言うと、

アミノ酸のシステイン分子が2個つながったもので、システインの含まれる硫黄原子同士が結びついている

図で説明するとこんな感じ。懐かしい〜。

出典:http://www.demi.nicca.co.jp/salonsupport/beauty3_detail_01.html

 

髪の毛の結合=シスチン結合という訳ではなく、

他に、イオン結合、ペプチド結合、水素結合というものもあります。

それらの種類や強さはこちらの図を参照にどうぞ。

すんごいわかりやすい。

出典:http://www.demi.nicca.co.jp/salonsupport/beauty1_detail_16.html

 

勉強した気がするけど、完全に忘れています私。

 

そして、シスチン結合のなかにも更に「S1」「S2」「S3」という種類があるようで…

ちょっと頭が痛くなったので、気になる方は下記サイトを御覧ください。

S-S結合のS1・S2・S3?

「SS結合」と「ジスルフィド結合」との違い

シスチン結語を調べていると、「SS結合」やら「ジスルフィド結合」やらという用語も出てきます。しかも違いがよく分からないので調べてみると、どうやらどれも同じのようです。

 

因みにSS結合の名前の由来は

硫黄(Sulfur)のS。それがくっついているのでSS。(多分)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%B3

 

 

ジスルフィド結合の名前の由来は、

科学用語で「2つ」を表す「」(参照ページ)と、

二価の硫黄が2個の有機基で置換された有機化合物の「スルフィド

『2つ(ジ)の硫黄(Sulfur)が連なる結合』→「ジスルフィド結合」

 

という感じです。

関連本

まとめ

シスチン結合とは、パーマをかける時に一旦切断(還元)する毛髪内部の結合の一種。

毛髪の結合は、シスチン結合以外に「イオン結合」「水素結合」「ペプチド結合」がある。

「SS結合」と「ジスルフィド結合」はシスチン結合と同じ意味。

 

お客様との会話でここまで詳しくお話する事はないにせよ…^^;

美容師として最低限復讐しておきたいですね。

 

化学カテゴリの最新記事