成人式史上最大のパニック…着付け業者とんずら事件まとめ

成人式史上最大のパニック…着付け業者とんずら事件まとめ

成人式は新成人だけではなく、美容師にとっても非常に忙しい一大イベントですよね。

特にフリーランスで活動している人は、色々な所から声がかかる時期だったりもします。

私も以前成人式は、毎年お手伝いをしていましたので、いつもこの時期になると戦場のような現場の事を思い出します^^

 

そんな戦場の日の朝に、着付け業者がとんずらしたというありえない事件があったので

今回はその件についてまとめてみました。

スポンサーリンク

概要

8日、新横浜国際ホテルで着付けの予定だった着付け業者「はれのひ」

午前4時半すぎから新成人らが訪れると業者がいないと知らされ

成人式当日にとんずら…というありえない事が起こってしまいました。

 

同ホテルで受けていた着付けの予約は推定200人。

このうち約100人には、同様に契約していた別業者を含む計8社に手配を依頼できたものの、残り100人についてはどうしようもなかったようです。

 

横浜市桜木町の「はれのひ」本社は電話も繋がらず、誰もいなかったそうです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00096182-nksports-soci.view-000

 

従業員の給料が未払いだったとの話や、

着付け会場となっていたホテルの会場使用料が期限までに振り込まれなかったという話もあったようです。

 

「はれのひ」は、横浜だけでなく、八王子、つくば、福岡に店舗を構えていて、

横浜と八王子の店舗では、この日店に誰もおらず、電話もつながらない状態。

6日までは7人ほどの従業員で普段通り営業をしていたが、7日から誰も姿をみせなくなったんだとか…

 

事前に何十万も振り込んでいる人も沢山いたので、被害総額も相当な金額でしょう。

 

そして更に驚きなのが6日に「成人式の営業を全店で中止する」と社内に連絡していたことが分かったそうです。

つまり前金を受け取りそれを返金せずに 計画的に逃亡したのです。

 

ユーミン実家の神対応

出典:http://www.geocities.jp/orihime112/arai.html

そんな中、松任谷由美さんの八王子のご実家の呉服屋「荒井呉服店」が、突然飛び込みで来た新成人の着付けの対応をした事が話題になりました。

当然ながら予約でいっぱいだったようですが、「尋常じゃない常態がわかった」という事で、その合間を縫ってレンタルでの対応をしたようです。

 

スポンサーリンク

時間に間に合わない事が話題になっていた

11時に式が始まるのに、12時を過ぎて着付けが終わったという事がTwitterで話題になっているのを私は最初に見つけたのですが…「はれのひ」だったようです。

 

 

 

 

美容師(着付け師)として、こんなことは絶対に許されない事ですよね…。

同業者として非常に悲しいです。

 

被害者の声

振り袖のレンタルと着付けを予約していた横浜市の女子大生(19)は、一生に1度の成人式に参加できなかった。「7日夜から店と連絡が取れず、成人式の翌日が大学のテストということもあって諦めました」と悔しそうに話した。

友人が被害に遭ったという横浜市鶴見区の石塚葵さん(20)は「前日になってもバッグなどの小物が届かなかった。かわいそうだし、業者の対応がひどい。一生に一度の機会につけこむなんて許せない」。

 大学2年生の娘(20)が成人式に参加したという横浜市栄区の女性(55)は「知り合いの協力で、別の業者を手配することができて、なんとか晴れ着で参加できた。40万円の振り袖代ももう払い終わる寸前だった。被害者が集団訴訟を起こすのなら加わりたい」と憤った。

港北区の大学生は「一生に一度のことなのに、すごく残念。自分は責任感を持った自覚のある大人になりたいと思いました」。着付けだけを頼んでいたので急きょ別の業者にお願いしたが、追加のヘアメイク代がかかった上に式には間に合わず。付き添いの母親も「まさかこんなことになるとは…」とあきれ顔だった。

 

こういった事件がおこらない為に…

実は、ここまで酷い事件まではないものの、

・時間に間に合わなかった

・オーダー通りにならなかった

・傷つく事を言われた

などという事は、毎年必ず現場で起きています。

私自信も、リアルな現場で「それはないだろう…」という対応など沢山見てきて感じました。

 

そして、「大手の会社だから大丈夫」ではないという事が、今回の事件で明らかになりました。

 

これからの時代は、会社のブランド力ではなくお客様と美容師個人の信頼関係が一番大切な時代です。

 

お客様と美容師(着付け師)が直接やり取りして、綿密に打ち合わせをしてから当日を迎える事が大事になってくるのではないかと思います。

 

今の時代ラインやライン@でいくらでも事前打ち合わせが出来ますし、

予め好みを伺っていれば、当日の不安もなくなります。

 

ここだけの話、正直着付け業者がやっている現場は…結構酷い美容師さんも多かったです^^;

(着付けに関しては私はわかりませんが)

 

人数でギャラが変わってくる現場もあるので、とにかく数をこなす人や、

練習の為に数をこなす人もいます。

そういう人を見て私は

「そういうのってどうなの?」

「新成人はこの日がどれだけ大切かわかってるの?」

という気持ちでいっぱいした^^;

 

今回の事件で一番残念だと思うことは、美容業界全体のイメージダウンに繋がったという事です。

失ってしまった信頼をもとに戻すためには、一人ひとりの美容師さんが、着実にお客様の人生の1ページに残る仕事をコツコツ積み上げていくことしかありません。

美容師にとっては毎年の事、毎日の事であっても、

お客様やご家族ににとっては、一生に一度の大切な日、

大切な時間とお金を頂いている事を肝に銘じて、日々仕事をしていきたいですね。

 

今回の事件…責任者が出てきていないのでまだまだ続報が気になるところです…。

スポンサーリンク

イベントカテゴリの最新記事