『補色』と『反対色』の違いとは?ヘアカラー超基礎編

   

美容師としてヘアカラーをする時に、絶対知っておきたい「補色の関係」。

しかし、きちんと「補色の関係」について説明出来ない美容師さんも意外と多いというのが経験上わかりました^^;

なので今回は、

・補色の関係について

・「補色」と「反対色」の違い

について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

その前に…

「色相環」というものを必ず頭に入れておきましょう。

色相環とはその名の通り。色相を環状に配置したもので、色を体系化する時に用いる方法の一つです。

出典:http://rock77.fc2web.com/main/color/color1-2.html

 

 

「補色」と「反対色」の違い

下図を見れば一目瞭然だと思いますが、

補色」とは、色相環で正反対の位置にある色、「反対色」とは正反対の色の隣近辺の色のことです。

出典:http://iro-color.com/design/color-choice.html

似たようなものなので、たまに補色も反対色も同じ使い方をしている人もいます。

 

補色の関係についてとてもわかり易い動画があったので参考にしてみてください。

補色がなぜヘアカラーに大切なのか

補色同士を並べると、お互いを目立たせる役割があります。

「セブンイレブン」や「IKEA」の看板も有名です。

しかし、補色の関係は「お互い目立たせる」だけではなく

「混ぜるとお互いを打ち消す」という効果もあるんですよね。不思議。

 

これをヘアカラーに利用すれば…

赤味を消したければ緑

黄味を消したければ紫

を入れればいいという事になります。

出典:http://pro-kodawaricl.com/iro/manual-3.html

 

更に詳しく知りたい方はこちらにかかれています⇒DEMI

美容師さんのブログも参考に

きちんと知識のある美容師さんが、ブログ色に関しての記事を書いていたので、紹介させていただきます。

美容師はこんなことを考えてカラーしている〜補色編

ヘアカラーは補色を使って自在に。補色(反対色)で赤味のある髪も黄色みのある髪も綺麗に染められる。

 

カラーで大事なの『補色』の効果と使い方。

ヘアカラーをする時に使う【補色】とは??

アッシュ、マット、オレンジ・・・ ヘアカラーでの補色の関係とは

ヘアカラーと補色の関係

スポンサーリンク

色彩に関する本

 
 
おそらく色彩についても載っているであろうカラー本も参考にしてみてください

基礎から応用まで!美容師の為のヘアカラー本まとめ

 

まとめ

補色とは、色相環で反対側にある色との関係のこと。

反対色とは、補色のとなりにある色のこと。

補色も反対色も、そんなに変わりはないので、どちらも使われる。

 

補色の関係は、お互いを目立たせる役割と、お互いを打ち消し合う役割があるので、

ヘアカラーをする上では知っておかなければならない知識。

 

 

知れば知るほど色って面白いです!

ヘアカラーだけではなく、当然ファッションにも勉強になるので、色々実験してみてください^^

スポンサーリンク

 - 化学