値引き交渉された時の対処法と3つの断り方とは?

値引き交渉された時の対処法と3つの断り方とは?

フリーランスの悩みで多い事と言えば値下げを交渉されたときの問題がありますよね。

クライアントにせよ、一般のお客様にせよ

「そこをなんとか…」

と懇願されたら、仕方なく承諾してしまい、

結局自分がいい人になったつもりでいて自分の首を絞めている人は多いのではないでしょうか。

 

たとえ安いギャラでも、生活がかかっているから少しでも仕事を入れなければ…と思う事でしょう。

ただそれを一度してしまうと、次もその値段で受ける事になったり、

「この人は値引きすれば応じてくれる」という事になってしまい、

あなたの知らない所でその噂も広がって…

という本当にあった怖い話的なことになってしまいます。

 

今回は、値引き交渉された時の断り方、理由と解決策について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

断り方

「そんなギャラで出来るわけないでしょ馬鹿なの?」

と言いたい気持ちをぐっと堪えます(笑)

では交渉された時にどういう断り方がスマートなのかというと

1,理由を明確にする

この予算ならここまでは出来るけど、ここまでは出来ないという事をはっきりと伝えて断りましょう。

それでも「そこをなんとか…」なんて言ってくる無礼な奴はハッキリ言って関係を切ってしまったほうが後々楽な事が多いです。

2,スケジュールが空いていないことにする

もう値段交渉してくる時点で「あぁないわー」と思ったら

「実は今、別の制作が入っており、本当はお受けしたかったのですがとお断りしましょう。

気持ちを切り替えて、新しいクライアントを探してみましょう。

3,ハッキリ断る

「ご予算がつきましたときにまたご連絡ください」と一言!

スポンサーリンク

根本的な理由と解決策

値下げ要求される根本的な理由は1つです。

「ライバルと同じ商品やサービスをしているから」

という事です。

 

例え同じ商品であっても、

売り方や伝え方が違うのであれば、そもそも値引なんてされる事ないんですよね。

 

つまり

「安くてある程度なら誰でも良い」

「別にあなたじゃなくてもいい」

というのが相手の心理です。

 

そこを

「あなたじゃなきゃダメ」

「あなたがオススメするなら何でも買う!いくらでも出す!」

にすると言う事が一番の解決法です。

 

芸能人を例にするとわかりやすいですよね。

福山雅治さんの使用済みの汚いタオルでさえも、ファンは何万円も出して購入しますよね(笑)

まとめ

・値引きされたら例え一時的にマイナスになったとしても、長期的に見ればプラスなので、勇気をもって断る

・理由を明確にする、スケージュールが空いていないと言う、予算が出来たら連絡下さいというなど。

・ものではなく、自分自身が商品になることで、「あなたが売るならなんでも買う」というコアなファンを生み出すこと

 

一度値引に応じてしまったら、必ず2度めもあるという事を心にとめておきましょう!

 

スポンサーリンク

フリーランスカテゴリの最新記事