新日本髪の簡単な結い方!鹿の子とちんころの結び方と付け方も覚えよう

   

新日本髪を作る機会は少ないにせよ、美容師としては作れるようになっておきたいもの。

「新日本髪=難しい」というイメージがある美容師さんも多いかもしれませんが、

成人式の現場では、20分で仕上げなければいけないのが現状です。

 

そこで今回は、一番簡単(だと私が思う)新日本髪の結い方を紹介していこうと思います。

これを20分でできるようになると(正式には飾り付けとかあるので15分)

成人式だけでなく、結婚式、七五三など、美容師としての幅がとても広がります。

是非マスターしていきましょう。

スポンサーリンク

 

まずは名前の確認

各部位の最低限の名前がわかっていないと、以下の説明がわからないだけでなく

実際お客様に言われて分からないというのは非常に恥ずかしいです。

 

漢字が難しくて最初は私もわかりませんでしたが(笑)

必ず覚えておきたいポイントです。

出典:http://kanoh.tokyo/nihon/mame/mame01_meisyou.html

前髪

鬢(びん)

髷(まげ)

髱(たぼ)

だけは最低限覚えておきましょう。

必要なもの

一本ゴム

小さい丸ゴム(ビニゴム)

アメピン

Uピン

スモールピン

すき毛(前髪1、鬢2、髷2、髱1)

整髪料

コーム

ブラシ(なくても可)

ホットカーラー(なくても可)

簡単な作り方

作り方は人によって色々ありますが、私が一番簡単だと思う作り方を紹介します。

 

①ブロッキングをとる

②前髪と鬢(びん)にカーラーを巻く

③髷(まげ)を一束に結ぶ

④髷(まげ)、髱(たぼ)もカーラーを巻く

⑤髱(たぼ)に逆毛をいれてスキ毛をとめる

⑥一束にした髷(まげ)と髱(たぼ)一緒に結ぶ

⑦鬢(びん)に逆毛を立てスキ毛をとめる

⑧鬢(びん)を整えて、髷(まげ)の近くでとめる×2

⑨前髪に逆毛を入れてすき毛をとめる

⑩前髪を整えてゴムで結び、前に突き出してとめる

⑪髷(まげ)の毛を上下に分けて(上が大きい)すき毛を巻き込んでとめる

⑫細かいところを整えて完成

 

↑の説明を見ただけではよくわからないと思いますが、

とてもわかり易い動画をあげてくださっている方がいたので、参考にしてみてください⇓

 

鹿の子の付け方と結び方

鹿の子とは髷の下に付けるお飾りです。

 

基本の付け方は、上の髷と下の髷の間にこのようにつけます。

出典:http://www.mulemule.jp/2010/11/09/140703/

出典:http://blog.livedoor.jp/yaya115/archives/52916390.html

髷が1つの場合は髷の下につけます。

出典:http://isehara-seita.com/753-2.html

 

私は昔結び方が解らず、焦った事がありました(笑)

とっても簡単なので、5秒くらいで結べるようになりましょう。

スポンサーリンク

ちんころの付け方と結び方

ちんころとは、前髪の上に付ける飾りです。

 

基本の付け方は下記画像のような感じ。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/kyoto-miyabi/483-10×0.html

子供だけでなく、大人でも。

出典:https://item.rakuten.co.jp/oharibako/b0-656/

 

こんな感じに付ける子もいます。

出典:http://kisetsu-wadai.com/archives/1769.html

 

普通にひとつ結びにすることが多いです。

長い場合は下の図のように結ぶこともあります。

出典:https://item.rakuten.co.jp/oharibako/b0-651/

 

その他のお飾り

お客様は、どんな飾りを持ってくるかわからないので、

きちんと付ける場所を把握しておくことが大切です。

 

出典:http://hon-matsuba.co.jp/furisode/press-nihongami/

出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/oharibako/furisode/nihongami.html

出典:http://buyee.jp/item/yahoo/shopping/kanzashi_717215

 

注意点

日本髪を崩れないように、美しく結うということは当然なのですが、

日本髪はお飾りも重要です。

飾りに関して、私の経験をもとに注意するべき2つのポイントを書いていきます。

 

1つめは、絶対に落ちないように付けることを肝に銘じましょう。

七五三、成人式、結婚式など

一生に一度しかない、大切な日に、飾りが落ちるなんて最悪です。

実際に落ちて、大金を請求された美容師さんもいます。

つけた後は、ちょっと頭を動かしてもらって確認するくらいきちんとつけましょう。

 

そして2つめは、丁寧に扱うことです。

レンタルのお客様も多いですが、「おばあちゃんの代から受け継いでいる大切なもので…」

という人もいるので、整髪料などで手がベトベトのまま扱うことも避けたいですね。

 

まとめ

新日本髪は、思っているほど難しくはないが、慣れないと時間がかかるのでしっかりと練習する事が必要。

飾りも重要なので、きちんと付け方などを理解しておくこと。

 

是非チャレンジしてみてください^^

スポンサーリンク

 - 髪、ヘアスタイルetc…